2017年07月21日

「創刊50周年記念週刊少年ジャンプ展」が7月18日(火)から10月15日(金)まで東京・六本木ヒルズ森タワー52階の森アーツセンターギャラリーで開かれている。創刊から1980年代までに掲載されていた懐かしの作品の原画を多数展示。さらに、オリジナル映像や造形物など、さまざまな手法で作品の世界観を演出しており、子どもから大人まで誰でも楽しめる構成となっている。9月1日(金)から、一部展示替えを行う。

 
開館時間は、土日祝日および8月14日から18日までは午前9時から午後9時まで(最終入館8時半)、平日は午前10時から午後8時まで(最終入館7時半)。主催は集英社、森アーツセンター。共同印刷ほか9社が協賛している。入場料は一般/学生2000円、高校生/中学生1500円、4歳から小学生は800円。

 
公式ショップでは、ジャンプ展のために企画・製作されたオリジナルグッズを多数販売している。

 
 

2018年に第2弾、3弾を開催

 
「週刊少年ジャンプ展」の第2弾、第3弾の開催が決定している。
▽「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.2 1990年代、発行部数653万部の衝撃」、一般公開会期:2018年3月~6月、会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
▽「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.3 2000年代~、進化する最強雑誌の現在」、一般公開会期:2018年7月~9月、会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)

 
URL=https://shonenjump-ten.com/

 

 

タグ:

PAGE TOP