2017年07月05日

廣済堂(浅野健社長)と福島印刷(下畠学社長)は2015年6月、デジタル印刷分野において、オフセット印刷に近い高品位な画質を実現する最新鋭デジタル印刷機を導入し、共同でダイレクトメールサービス(「DM」)およびブックオンデマンドサービス(「BOD」)を推進する業務提携契約を締結した。2016年2月からは、福島印刷が廣済堂のさいたま工場内に最新鋭のロール式インクジェット印刷機(Truepress Jet520 HD)を設置し、福島印刷の金沢工場を補完するサテライト工場として、稼動してきた。今回、2017年9月に廣済堂のさいたま工場に福島印刷のサテライト工場と同一のロール式インクジェット印刷機(Truepress Jet520 HD)を設置し、サービスを開始することになった。

 

業務提携モデルの拡大2

 

2015年6月に締結した両社における業務提携は、両社の保有するリソースを効率的に活用し合う事業最適化システムである「シェアモデル・マネジメント」として、コストとリスクを低減させ競争力強化を図ってきたと同時に、個人情報を取り扱うデジタル印刷設備をシェア利用するに際しての通信系、データ処理系、生産フロア等の高度な時間分割独立管理システムとルール体系に基づく「シェアポリシー」による共同運営を実現し、デジタル印刷領域での実績を拡大してきた。

 

 

今回の導入は、業務提携モデルの拡大に向け出版印刷や商業印刷の営業領域におけるデジタル印刷サービスの拡大や深化を目指す廣済堂の独自設備による事業展開の強化と、金沢工場とさいたまサテライト工場を稼働している福島印刷のさいたま工場内でのBCPリスク解消と金沢との3拠点による冗長化モデルを実現することで、両社における顧客へのサービスと品質・納期保証の強化を図る。

 

 

加工分野においては、福島印刷のサテライト工場内の圧着はがき加工ラインのほか、廣済堂のさいたま工場内には、従来の封入封緘ラインに加え、新たにデジタル印刷に対応した製本加工ラインを導入。「DM」「封書」「BOD」のいずれにも対応できる体制で顧客のニーズに応える。

 

 

廣済堂は出版印刷に強みを持ち、傘下に廣済堂出版や廣済堂あかつきという出版子会社を保有。また商業印刷事業、ITソリューション事業、知財情報事業、人材事業、ライフスタイルデザイン事業、文教関連事業、葬祭事業など幅広い顧客資産とさまざまな事業領域で培った総合力を活用し、単なる印刷サービスにとどまらず、CRM時代におけるOne to One型の最適なマーケティング戦略やITソリューションを併せて提供し、顧客のニーズに的確にお応えする「マーケティング・プラットホーム」や「リアルとネットの融合」ビジネス展開を加速していく。

 

 

福島印刷は2008年から消費者の嗜好に合わせたOne to Oneドキュメントの自動生成と、バリアブル印刷を組み合わせたソリューションである「パックサービス」を提供してきた。複数のDM企画をまとめて生産することによるスピード化や、開封トラブルに強く、印刷に制限のない後糊方式が高い評価を得ている。今後はビジネスプロセスアウトソ-シング市場も積極的に開拓しながら、その事業を拡大していく。

 

 

今回の業務提携モデルの拡大により、両社の強みを組み合わせることで、顧客の事業活動をサポートしていく。なお、本ビジネスにおける両社の売上高は3年後には10億円と予想している。

 

 

PAGE TOP