2017年07月05日

㈱ウチダテクノでは、市場ニーズの変化に細やかに対応する新技術を搭載した後加工機器群の出展を行う。

 

同社の主な出展製品は次のとおり。

 

カウントロンN2500

カウントロンN2500

▽紙枚数計数機「カウントロンN2500」=家電並みの使い勝手を実現した新型紙枚数計数機。

大型の液晶カラータッチパネルを採用して直感的な操作を可能とし、用紙吸着部のブレード交換は工具なしで脱着可能な上、テープセットも従来機より簡単にできるようになった。

環境にも配慮して機械本体をスリム化・軽量化し、計数中の振動や機械音を低減させている。

薄紙(19㌔㌘)から厚紙(220㌔㌘)までの用紙を最速毎分2500枚で計数でき、2~1000枚ごとの任意の数やランダムにテープ(合紙)挿入することも可能としている。

 

▽ハガキ・名刺カッター「AeroCut NANO」=SRA3サイズ対応で、用紙にキズを付けることなく安定した給紙を実現するエアーサクション方式を採用した本格派の名刺・ハガキカッター。スリッター刃の設定は、ピッチゲージの凹部に合わせるだけなので、短時間での段取り替えができる。また、見やすくて操作性に優れた液晶タッチパネルを採用し、調整箇所が少なく、誰にでも簡単に操作ができる上、40種類のメモリー登録も可能。断裁精度についても、カットマーク読み取り機構により1枚ごとに用紙を正確な位置に自動補正するため、とても高い精度を実現。

 

▽新型クランパー付帯掛機「テーピットWX-P」=環境に配慮した簡易包装でありながら美しい仕上がりで商品価値を向上させられる、クランプ(自動押さえ)機能を搭載した自動帯掛機。

薄物の結束作業では、クランプ機能により用紙2枚の薄物からしっかりと確実に結束できる。

また、膨らみのある物も同様にクランプ機能で結束物を圧縮・安定させ、誰でも美しい結束が可能。

一時停止機能も搭載し、結束された品物を機械から取り出すまでガイドが広がったまま待機するため、緩やかに結束した物でもテープが引っ掛からない。

クランパー動作が必要ない場合はOFFにすることも可能。

対応テープ厚は60μ㍍で、毎分30回の高速タイプ。クラフト/フィルムテープの両方が使用可能で、高い環境性能と生産性を実現する。

 

▽エア給紙高速紙折機「ドキュフォールドプロ」=7インチ液晶ディスプレイによる簡単操作で折り位置を自動設定してクイックスタートができる、B3判対応の高性能紙折機。

強力エアーサクションによるボトムフィード方式で、アライナー機能による高精度の折りができる。筋入れ・ミシンユニットも付属している。

 

▽イオンジョガー「IJ-4B」=イオンとエアーで紙さばき、紙揃え、乾燥をさせるモデル。

静電気についてはイオンの風で除去するので、印刷後の紙揃えにも適している。

 

 

PAGE TOP