2017年07月05日

小森コーポレーションは「OPEN NEW PAGES」をメインテーマに「SOPTECとうほく」へ出展する。

 
同社は、プリントエンジニアリングサービスプロバイダー(PESP)として、ブースで顧客の印刷ビジネスにおける様々な課題解決をサポートし、多種多様な提案を行う。

 
出展内容は次のとおり。

 
【KP-Connect】
印刷製造プロセスを「つなぐ」ことによって、工程の見える化、自動化、省力化を実現し、印刷会社の生産性の向上を強力に支援する印刷機メーカーならではのソリューションKP-Connectについて紹介。

 
【出展社企画セミナー】
「印刷機稼働の見える化と工程管理の効率化を実現するKP-Connect」を演題に、同社情報システム本部本部長兼ICT推進部部長の波多野孝司氏が講演する。内容は、①印刷機が効率的に稼働しているのか、問題は何かを見える化し、印刷機の生産性向上を強力にサポートするKP-Connect Basic2②柔軟なMES連携機能と高度なスケジューラ機能を持ち、生産工程のリアルタイム進捗情報を共有することでワークフローのムダを省くKP-Connect Pro--。

 
【K-Supply商品】
同社では、K-Supplyのブランド名で、KOMORI製印刷機に最適化された専用消耗品や資材・機材をラインアップしている。K-Supplyは単なる消耗品ではなく、高い印刷品質とパフォーマンスを実現するためにKGC(コモリグラフィックテクノロジーセンター)のノウハウを結集して開発された資材だ。今回は、H-UV印刷に最適な硬化性・品質・汎用性・経済性をハイレベルに備えたKOMORI標準のK-Supply H-UVインキをはじめ、新商品の洗浄液などのケミカル商品や、KOMORI製印刷機の安定稼働と印刷品質に貢献する多彩な商品群を紹介する。

 
【サービス商品】
デリバリー部の静電気を低減させて紙揃えを改善する「除電イオン発生器」、省電力で環境に配慮する「DCブロアー」、印刷機械の状態をプロが診断することで性能復帰への第一歩となる「ONE-DAY CHECK」などを紹介。

 
【印刷サンプル】
CMSソフトウエア「K-カラーシミュレーター2」を使用したデジタルとオフセットとのカラーマッチング、デジタル印刷機インプレミアIS29とハイコン社ユークリッド(デジタルカッティング・クリーシングシステム)を組み合わせたサンプル、インプレミアCシリーズを使用したサンプルなど、多彩なバリエーションを展示する。

 

 

 

 

PAGE TOP