2017年06月28日

㈱山櫻(本社・東京都中央区、市瀬豊和社長)が展開するセカンドブランド「+lab」は、さまざまな記録をカードに残して箱に入れて保存ができる「memoroku(メモ録)」を7月3日から発売する。

 

memoroku

memoroku

「memoroku」は、メモよりもきちんと、記録よりも気軽に、いろいろなことを書き留めておけるカード。

趣味のことや日々のことを記したり、忘れがちなことを書いて残したりすることができる。

専用の保存箱は、持ち歩きにも便利なサイズで、カード2セット分(62枚)を入れることができる。

書き留めたカードと一緒に、インスタントプリントや正方形プリントをした写真を保存しておくこともできるようになっている。

 

カードは、86×86㍉の正方形サイズで、▽映画、▽読書、▽旅、▽カフェ、▽ワイン、▽日本酒、▽ペット、▽赤ちゃん記念日、▽日記、▽マスキングテープコレクション、▽パスワード管理、▽フリー--の12種類のテーマデザインをラインナップ。

各31枚セットで350円(税抜)。

 

メモ録専用の保存箱は、▽無地、▽ストライプ黒、▽ドット白--の3種類のデザインがあり、各320円(税抜)となっている。

 

 

 

タグ: >

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP