2017年06月26日

豊島区印刷関連産業団体協議会(亀井一司会長)は6月23日午後6時から、東京・池袋のサンシャイン60クルーズ・クルーズで平成29年度定時総会を開き、来年3月1日から3日まで開かれる第11回としまものづくりメッセへの参加、豊島区リサイクル推進事業への協力(リサイクルノート3万冊の寄贈)、豊島区立小学校新入生へのファイル寄贈、豊島区が掲げる「国際アート・カルチャー都市」構想推進のための事業への協力、としまTVのインターネットなどの加入増強推進など印刷関連産業のPRをはじめとする7つの事業計画を決めた。

 
亀井会長は冒頭あいさつで「都議選の告示日に当たってしまった。お詫びしたい」と述べてから、「4月には豊島区立小学校1年生にファイルを贈呈した。毎年すこしずつ増えている。来年3月1日から3日まで開かれる第11回『ものづくりメッセ』に参加する。またリサイクルノート3万冊を今年も贈呈する。今年で25年目になる」と会員の協力に感謝した。
 

亀井一司会長

亀井一司会長

 
来賓あいさつで豊島区長の高野之夫氏(同関連協名誉会長)は「今日は3都議会議員候補が勢ぞろいしている。この会が豊島区を動かしている力であるからこそ有力候補が参加している。安全・安心庁舎ができて豊島区は大きく変わりつつある。旧庁舎、公会堂、区民センターも新しくなる。『Hareza(ハレザ)池袋』という、晴れのように爽やかな名前をつけてもらった。大劇場も建設する。皆様と文化の都市、誇りに思える街をつくりあげていきたい」と述べた。

 
同関連協は新年度、印刷産業のPR事業のほか、都市型産業立地構想策定に関する研究、技術・経営および法令などの問題に対する研修会・見学会の開催、会員相互の交流の緊密化と情報交換のための懇談会の開催、セーフコミュニティの推進、行政ならびに諸団体との連絡・協調の推進、労務問題などの研修推進に取り組む。

 
 

PAGE TOP