2017年06月29日

直感的な操作で、デジタルコンテンツをスマートフォン端末にダウンロードし、持ち帰り可能なタッチ式のテーブル型デジタルサイネージ「カタログ TakeOut」を開発

 

凸版印刷は、画面上に本棚のように陳列されたデジタルコンテンツを、スワイプする直感的な操作でスマートフォン端末などにダウンロードし、持ち帰ることができるタッチパネル式のテーブル型デジタルサイネージ「カタログ TakeOut(テイクアウト)」を開発した。観光施設や商業施設、流通・小売・金融・不動産業界などに向けて、2017年6月下旬から販売を開始する。

 

同製品は、テーブル型デジタルサイネージの所定の場所にスマートフォンを置き、画面上に本棚のように陳列された電子書籍や電子パンフレットなどのデジタルコンテンツを、本棚から本を取り出すように手軽にダウンロードできるデジタルサイネージ。気になるパンフレットやカタログをスワイプする直感的な操作で簡単にダウンロードできるため、誰でも手軽にデジタルコンテンツを持ち帰ることができる。観光地でのパンフレット配布や、店頭でのカタログ配布などに最適。

 

同製品は、第一弾として、西日本シティ銀行(本社:福岡市博多区、頭取:谷川浩道)で採用。「シアトルズベストコーヒー&サブウェイ」が併設された「NCBアルファ六本松出張所(愛称:『ワンクカフェ』)」で、テーブル型サイネージ上でカタログを見ながら資金運用などの相談ができるほか、気になったカタログをその場で手軽にダウンロードして持ち帰ることもできる新しいデジタルサイネージとして好評を博している。

 

 

PAGE TOP