2017年06月22日

一般社団法人マーチング委員会(井上雅博理事長、利根川英二塾長)は、7月14日午後1時から東京・市ヶ谷のDNPプラザで「マーチングEXPO2017 Part-Ⅰ」を開く。

 

井上雅博理事長

井上雅博理事長


 
利根川英二塾長

利根川英二塾長

 
今年2月からDNPが展開している地域の〝よりみちスポット〟情報を提供する「DNP旅のよりみちアプリ YORIP(ヨリップ)」に、マーチング委員会が所有する約3000点の日本全国のまちなみイラストを活用した情報の配信を順次開始。DNPはYORIPで取得した生活者の行動履歴やマーチング委員会の地域情報を活用し、魅力ある‘よりみち情報’を提供している。今回は連携後のYORIPにスポットを当てる。また、初代地方創生・国家戦略特別区域担当大臣を務めた石破茂氏による特別講演も企画している。入場無料で一般も参加可能。

 
当日は、午後1時から受付開始、1時30分から井上理事長と利根川塾長があいさつして開会。DNPプラザ会場の説明につづいて、1時50分から、大日本印刷情報イノベーション事業部C&Iセンタービジネスイノベーション本部YORIP事業推進部副部長の熊坂浩明氏が「YORIPを有効活用した地方創生ビジネスモデルについて」の演題で30分間講演する。さらに2時20分からかめおかマーチング委員会が季刊フリーペーパー絵旅日本『in Japan』の利活用報告を行う。

 
休憩をはさんで、午後2時50分から3時40分までYORIP事例発表(パネルディスカッション)で、わせだ新宿、ちよだ、湯島本郷、仙台の各マーチング委員会が事例を紹介する。
 
 

石破茂氏が特別講演

 
4時から5時30分まで、初代地方創生・国家戦略特別区域担当大臣で衆議院議員の石破茂氏が特別講演を行う。

 
講演終了後、記念撮影ののち、会場を移して6時から情報交換会(有料)を予定している。参加費は会員6000円、一般8000円。

 
申込・問合先=マーチング委員会事務局、電話03・3811・1364、メール:yoshiaki@tonegawa.co.jp
 
マーチング委員会http://www.machi-ing.jp/
 
 

PAGE TOP