2017年06月14日

エスビー食品・凸版印刷・PIJINの3社は、エスビー食品が販売するチューブ入り香辛料の最高級タイプ「名匠シリーズ」で、日本包装技術協会が主催する「第41回木下賞包装技術賞」を受賞した。

 
「名匠シリーズ」は、厳選の国産原料と匠の技で丹精込めて作り上げた、最高級タイプのチューブ入り香辛料。同商品には、凸版印刷とPIJINが提供する多言語対応パッケージを採用。外箱に印字されたQRコードをスマートフォンで読み取ると、スマートフォンの設定言語を自動で認識し、その言語(英語、中国語(簡体中文、繁体中文)、韓国語、日本語)で商品特徴を表示できる。使用方法や調理法、産地など、和食文化の伝統的な香辛料を提供する「名匠シリーズ」のこだわりを多言語で発信することにより、和食文化を発信・継承し、消費者満足のさらなる追求を図る。

 
QRコードをスマートフォンで読み取るだけで、パッケージを通じた多言語による和食文化の発信が可能な点が評価され、今回の受賞につながった。

 

 

○「木下賞」 公益社団法人日本包装技術協会(JPI)が主催し、JPI第2代会長である故木下又三郎氏の包装界に対する多年の功績を記念して設定された表彰事業。同賞は、包装技術の研究・開発に顕著な業績をあげたものや、包装の合理化・改善・向上・新規分野創出に顕著な業績をあげたものに与えられる。今年で41回目を迎え、6月9日に発表・表彰が行われた。

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP