2017年06月13日

大阪府グラフィックサービス協同組合(OGS、岡達也理事長)は、5月25日、大阪市内のホテル日航大阪で第47期通常総会を開催し、平成28年度事業報告・収支決算報告および剰余金処分案、平成29年度事業計画・収支予算案を協議、いずれも原案どおり承認した。
議事に先立ち岡理事長が、「組合運営の中の1年というのは一瞬で過ぎてしまう。何か新しいことをするのは、大変むずかしいことであると気づいた。それが反省すべき点であると思う。総会では少しでも皆さんにとってよい組合運営ができるようご審議願いたい」とあいさつ。

 

岡達也理事長

岡達也理事長

続いて来賓を代表して岡戸裕明日本グラフィックサービス工業会愛知県支部副支部長が祝辞を述べた。永年勤続従業員表彰では、河野行俊氏(遊文舎)が表彰された。
議長に泉谷美津也氏(泉谷印刷)を選出し議案審議に移り、平成28年度事業報告・収支決算報告および剰余金処分案、平成29年度事業計画・収支予算案などを協議し、いずれも原案どおり承認。
平成29年度の基本方針は、「組織の拡大強化を図り、会員に対して有益な情報の提供、教育事業を行い、新しい技術、多様化するメディア、変化する事業環境への対応力強化を支援。会員交流を通じて、各社の特徴や強みをお互いに理解することで、作業交流の拡大を促進する」というもの。
また事業の重点項目は①組織の拡大強化②会員相互の作業交流の促進③会員と賛助会員との交流④新技術・多様化するメディアへの対応・学習機会の提供である。

 

 

 

 

PAGE TOP