2017年06月13日

日本グラフィックコミュニケーションズ工業組合連合会(GCJ)は5月19日、東京・文京区関口のホテル椿山荘東京で開いた平成29年度通常総会で28(第52事業)年度事業報告・決算、29(第53事業)年度事業計画・予算などの議案を審議し、いずれも原案どおり承認した。任期満了に伴う役員選挙では、29・30年度役員を選任。第1回理事会で田村壽孝会長を再選した。
新年度事業では「新たな〝ステージ〟の立ち位置で、次代の扉を開け、未来を意識した〝戦略的ビジネス〟に果敢に挑戦していくための情報発信・提供に努め、その『架け橋』となる事業」に取り組んでいくとした。
事業の要となる「『事業戦略』事業」は、①多士済々で十人十色(十社十色)の個性豊かな組合員企業が集う集団(団体)の確立②「コミュニケ-ション・デザイン」の一翼を担う集団(団体)を目指す③存在感のある集団(団体)として、業界内外に向けた情報発信に努める(公式サイト「GCJホームページ」とポータルサイト「GCJのトビラ」の充実を図る)ことを骨子として推進する。

 

29年度事業計画・予算などを審議した

29年度事業計画・予算などを審議した

29・30年度の主な役員は次のとおり。
会長=田村壽孝(東京)
副会長=杉渕好美(北海道)▽東光彦(東北)▽田畠義之(東京)▽井上亘(同)▽加藤啓介(中部)▽山田義弘(近畿)▽秀浦忠利(中国)▽渡辺修(四国)▽田中潤一郎(九州)
専務理事=竹ノ上蔵造(東京)
常務理事=青柳恵介(東京)▽西山英徳(同)▽錦山慎太郎(同)▽安藤雅男(同)▽中田辰悟(同)▽小林博美(同)▽枠元孝夫(同)▽太田善久(中部)▽須藤武(近畿)▽永野雅子(四国)

 

 

PAGE TOP