2017年06月06日

ようこそ、みちのくのイーハトーブ岩手へ……

 
大地震から6年が経ちました。当時は早々に全国のジャグラの仲間から、多大なる物心両面にわたるご支援をいただき、あらためてお礼申し上げる次第であります。復興にはまだまだ時間がかかるものの、直接被害にあわれた東北のジャグラの会員の方々も、元気に頑張っておられます。

 
今年度、中村耀新会長の掲げている〝強いジャグラ〟とは、ただ単に組織が強くなるというフレーズではなく、「会員一社一社が経営基盤を強化することで実現する次世代のジャグラのあるべき姿」を意味するものであります。この強いジャグラを作り上げるためにも、組織はもちろんのこと、個々でもしっかり地に足のついた経営をしなければなりません。

 
しかしながら、この疲弊した地域経済のもとで、掻き分けて進みきるにはなみたいていの努力では叶いません。なんとかこの時代をしっかり生き抜いて、強いジャグラづくりに少しでも貢献したいと思っております。

 

熊谷正司運営委員長

熊谷正司運営委員長


 
 

PAGE TOP