2017年06月07日

プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会(プリデジ協、真茅久則会長)は、5月23日午後4時から、東京・港区元赤坂の明治記念館で平成29年度通常総会を開催し、平成28年度事業報告および決算報告、役員改選、平成29年度事業計画案および収支予算案などを審議し、いずれも原案どおり承認した。新年度は、市場変化への対応を中心としたさまざまな事業活動を展開する。

 
議事に先立ち真茅会長は次のようにあいさつした。
「いろいろな産業が変化する中で、印刷産業はどう変わっていくのか、ひとりの人間、ひとつの企業だけでは考えつかない。みんなで知恵を寄せあって、印刷の未来について、印刷の役割について考えてみたい。当協議会はオープンコミュニケーション。和気あいあいで情報交換しながら、互いに進化していきたい」

 

真茅久則会長

真茅久則会長

 

平成29年度事業計画の基本方針によると、IT技術を駆使したシステムの効率化にともなう印刷市場の変化が予想される中、協議会では会員各社のさらなる発展、向上のために有意義な講演会を中心に活動を行う。
また従来のプリプレスに加え、伸長著しいデジタルプリンティング分野に関する市場・技術動向調査、意見交換を行い業界に貢献するとしている。
部会活動については、これまでの取り組みを総括しつつ、さらなる活性化を目指す。

 
<役員>
会長=真茅久則
副会長=荒井純一、馬場恒夫
常任理事=宮前光男、里見和男、松田進、公盛茂、酒井亨
理事=石井哲夫、平嶋明人、笠原雅弘、脇野大彦、阿久津晴彦、東條好光、高上裕二
監事=山田資子、石井潤一

 

恒例の講演会懇親会を開く

 
また総会の恒例行事として、講演会「カリスマ販売員の目配り・気配り・心配り」(講師・齋藤泉日本レストランエンタプライズアドバイザー、カリスマアテンダント)と懇親会が行われた。

PAGE TOP