2017年06月05日

「リスロンGLX-944RP」の実演のようす

「リスロンGLX-944RP」の実演のようす

㈱小森コーポレーション(本社・東京都墨田区、持田訓社長)は6月2日、四六全判両面専用印刷機「リスロンGX44RP」の世界第1号機を導入した㈱三祥印刷(本社・東京都荒川区荒川5の31の8、金澤嗣浩社長)の川口工場で内覧会を開催した。

多くの来場者が訪れたこの会では、三祥印刷が今年1月から本稼働を開始した四六全判両面専用9色(表5色/裏4色)H-UV印刷機「リスロンGLX-944RP」の実稼働状況を披露するとともに、三祥印刷が採用した同機および最新ワークフローシステムなどについて詳細に解説するセミナーを開講した。

 

三祥印刷は、菊半裁から四六全判までの11台60胴の印刷機(すべてKOMORI製)を擁し、同業者からの下請けに徹した営業展開をしている。
今回、三祥印刷が世界初号機を導入した「リスロンGX44RP」は、用紙を反転させずに両面ワンパス印刷ができるモデル。

その特徴として、反転機の場合に必要となる天地および左右方向の余白が不要なので用紙の有効活用ができるほか、反転をさせないので表裏見当の精度も高く、さらに紙厚も0.5㍉まで対応する。

この印刷機に、▽4胴目と9胴目の後にH-UVを1灯ずつ、▽すべての版交換が90秒で行える全色同時版交換装置「A-APC」、▽PDF照合検査機能や自動見当機能も搭載する、多機能型分光式色調管理装置「PDC-SX」、▽4Kカメラでの高精度欠陥検査と色調制御を行う品質管理装置「PQA-S V5」--などのオプションを搭載している。

 

金澤社長

金澤社長

三祥印刷の金澤社長は「この“リスロンGLX-944RP”は油性の両面専用9色機との入れ替えで導入し、これによって当社の印刷機はすべてがKOMORI製となった。当社は下請け専業の営業展開をしているので、社内ではやりたくない条件が悪い仕事を受ける機会が多い。したがって、そのような仕事であっても対応できる設備をする必要がある。4年前に導入した、同タイプの菊全判10色機が高い稼働率を示していることから、その実績を踏まえて今回の印刷機も選択した」と「リスロンGLX-944RP」導入の理由を説明した。

三祥印刷では「リスロンGLX-944RP」を実際に稼働させると、▽ジョブ替え時間が1回あたり30分短縮でき、1日で約5時間の実稼働時間増、▽H-UVでの即乾により面付けを工夫する必要がなくなり、かつセラミックスジャケットも不要、▽これまでの9色機では毎時7000~8000回転だった実稼働速度が、毎時1万4000回転に向上--といったメリットが得られたという。

ただ現在は、印刷オペレーターの作業が追い付かないことから、毎時1万1000回転に速度を抑えて稼働させている。

 

印刷実演では、四六判110㌔㌘のコート紙に機械最高速の毎時1万4000回転で、①表5色(CMYK+金)/裏4色のB全判ポスターを200部、②ジョブ替え後、表裏4色のB5判のページ物--の印刷を約10分で行うところを披露。

ポスターの印刷では、とても重たい絵柄であるにも関わらず、H-UV1灯ずつだけで乾燥して高品質印刷ができるところをアピール。

また、同機に搭載されている色調制御機能による迅速な色合わせ、「A-APC」などによるジョブ替えの早さによる稼働効率の高さも示した。

 

また、三祥印刷では「リスロンGLX-944RP」の導入と同時に、生産の見える化を図るべく、工程管理システム「KP-Connect Pro」も導入し、生産効率のさらなる向上を図っている。

さらに今年7月には、四六全判5色H-UV印刷機「リスロンGL544」を増設する。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP