2017年05月31日

第18回目を迎えるグラフィックデザイン公募展「デザイングランプリTOHOKU2017」(主催・東北地区印刷協議会/デザイングランプリTOHOKU実行委員会)が、12月8~10日の3日間、せんだいメディアテーク(宮城県仙台市青葉区春日町2の1)5階ギャラリーで開かれることになり、その作品募集が始まっている。

 

「デザイングランプリTOHOKU」は、プロのデザイナーおよび将来プロになることを志している学生の研鑽の場、将来性のあるデザイナーの登竜門として、毎年1回、定期的に開催されているイベント。

印刷業界とデザイン業界の活性化を支援する目的で回を重ねている。

 

今回の募集テーマは『輪』。

作品の募集は、未発表のグラフィックデザインで、用紙にデジタルプリントされたものか画材などで描かれた平面上のもので、▽一般部門(企業デザイナー)、▽学生部門(デザインおよび芸術学科のある専門学校・高等専門学校・大学の学生)、▽高校部門(高校生)--を対象とし、東北地区在住・在勤者だけにとどまらない広いスケールで応募作を受付。

審査を通じて優れた作品を称えると同時に、会場に展示をする。

 

印刷業界と関連の深い情報デザイン分野の専門家が11月10日に宮城県印刷会館で公開審査を行い、最優秀賞をはじめとした各賞が決められる。

審査委員長は新村則人氏。

 

一般部門および学生部門の表彰では

▽最優秀賞(各部門1人)=賞状および賞金10万円

▽優秀賞(各部門から2人以内)=賞状および賞金5万円

▽奨励賞(各部門から若干名)=賞状および1万円相当の副賞

▽東北地区印刷協議会会長賞(各部門から若干名)=賞状および5000円相当の副賞

▽期待賞(学生部門から若干名)=賞状および1000円相当の副賞

のほか、特別賞として中村誠賞、宮城県知事賞、仙台市長賞、竹尾賞、MCCA賞、ユポ賞、オーディエンス大賞などが贈られる。

 

応募締切は10月27日。

提出先およびそのほかの問い合わせは、同事務局(主管・宮城県印刷工業組合、電話022・284・7586)まで。

 

 

 

 

イベント-関連の記事

PAGE TOP