2015年04月09日

 凸版印刷㈱は、「3D」をテーマにした特別イベント「TOPPAN 3D WORLD」を、4月11・12の両日、グランフロント大阪「ナレッジキャピタル」で開く。3DCG技術がもたらす新しい表現手法について、具体的な事例を基に紹介するもの。約50秒で撮影が完了する超高速・高精度の3Dスキャナ「SHOZO3D」や、スマートフォンで撮影した画像から簡単に3Dアバターが作成できる「3Dピポ」を活用したオーダーメイド3Dフィギュアの制作・販売を実施する。

 

 凸版印刷は同イベントを通し、凸版印刷の新技術を生活者に広く体験してもらうとともに、その声を今後の製品・サービス開発に活用。今後も最新テクノロジーを活用した新しい表現手法の開発・提供を推進していく。
 参加は無料。
  展示内容 自分そっくりのフィギュアができる!「SHOZO3D」▽楽しみ方いろいろ!お手軽3Dアバター「3Dピポ」▽圧倒的没入感!進化する「仮想現実」▽すべての方向が見回せるパノラマムービー「スマートムービー360」▽平面を立体に!さまざまな立体視技術「ステレオ印刷」
タグ: > > >

イベント-関連の記事

PAGE TOP