2017年06月07日

群馬県印刷工業組合(吉田吉太郎理事長)は、100社100様の業態深化が見られる中、成功事例をはじめとする身近な情報提供や、組合加入促進などを柱に事業活動を推進する。同組合は5月17日夕、高崎市のホテルメトロポリタン高崎で、第59回通常総会を開き、平成28年度事業報告同収支決算、平成29年度事業計画案同収支予算案、同賦課金ならびに徴収方法などの議案を審議し、原案どおり承認した。

 
総会は江原正弘理事の司会、杉浦隆一副理事長の開会の辞で始まり、議事に先立ち吉田理事長が、「多事多難の業界環境ではあるが、一部で明るい兆しが見えてきている。当組合も意味のある、意義のある、力のある組合として、さらなる可能性を感じる。本日は慎重審議と積極的な質疑をお願いしたい」とあいさつ。

 

吉田吉太郎理事長

吉田吉太郎理事長

議長に石川靖副理事長を選出して議事に入り、所定案件を審議した結果、いずれの議案も原案どおり可決承認。

 
平成29年度事業については、「身近にあったものづくり、見えてきた印刷融合業態、規模の大小を問わず100社100様の特性から自社の明日にチャレンジしよう」を基本指針として、活動を展開することになった。

 
とくに2月に開いたセミナー「身近にあるものづくりの印刷メディア方策」が好評だったことから、多種多様の成功事例のセミナーや、関連業者との会合・親睦事業など多彩な活動に取り組む計画。また組合員が減少傾向にあるところから、県内対象企業のリストアップによって、組合加入促進に力を入れるとした。

 
佐藤泰久副理事長の閉会の辞で総会を終了。

 
[平成29年度事業計画]
①自社の特性、現実から目標を具現化しよう②組合員企業への経営に対応する各種情報提供事業③遠い情報、身近な情報、仲間の成功例情報の選定事業を計画④現場力で活かす「仲間同士、本音で語る」集会、セミナーの開催⑤印刷産業から新たな業態、ものづくり、市場を共創する⑥組合運営は、新たな経営者とともに融合する経営者集団で始まる⑦組合員、関連業者との親睦事業⑧財政および対外県外事業への参画と工夫改善

 

総会後、来賓、関連業者を交え情報・懇談交流会を開催。
吉田理事長があいさつ、来賓の群馬県中小企業団体中央会・木村創造常務理事、群馬県紙商組合・杉浦幸男組合長が祝辞を述べた。設楽印刷機材㈱・設楽誠一社長の音頭で乾杯し開宴。

 

 

PAGE TOP