2017年05月09日

小森会(浅野健会長)は、4月13日午後3時半から東京・文京区の東京ドームホテルで、第27回小森会世話人総会を開催し、平成29年度小森会各事業計画について承認を求める件、平成29年度小森会役員について承認を求める件などを審議し、原案どおり承認した。同会役員について承認を求める件では、浅野会長が退任し、小森会副会長である小松義彦氏(小松印刷㈱会長)が会長に就任した。

 

小松義彦新会長

小松義彦新会長

 

就任した小松氏は小森会7代目の会長となる。「KOMORI基調報告」では、小森善治小森コーポレーション会長が市場動向、2017KOMORIのソリューション、同社の事業活動状況などを示した。同総会に201人が参加した。

 
総会では出席者紹介に続いて浅野会長があいさつに立ちこう述べた。

 

「皆様にご承認いただくと、5年間の小森会会長を卒業させていただくこととなった。後任は小松副会長であり、私よりはるかに素晴らしい方である。5年という間ではあったが、この間皆様のご理解ご協力をたまわり、小森会もいろいろな意味での『SHINKA』をしてきた。とくに嬉しかったのは、それぞれの地域の小森会がそれぞれの『SHINKA』をして下さったことである。地域特性を活かしながら、時代をよくご覧になりながら、小森会の在りかたを地域で考えていただけたことが、とても素晴らしいことだと思った。これからさらに新会長が小森会の『SHINKA』を皆様とともに実現してくれると思っており、私も顧問の一人として少しでもお役に立ちたい」

 

 
総会審議終了後、小松新会長がこうあいさつした。

 

「小森会は本年で27回目であり、27回の歴史は非常に重い。27年の間にはずいぶんと社会的変化が起こり、その中には小森さんも非常に厳しい時期もあったと思う。それにもかかわらず小森会をずっと続けてこられた、本当に頭が下がる想いである。私も小森会が大好きである。これまで小森会が続けてこられたのは、まず小森会に参加すると勉強になる、友人もたくさんできる、そういったことが底辺にあるのではないか。そしてもう一つ特徴なのは、各地区の小森会が独自の活動をしようとしている。各小森会は何をやってもよいわけで、それを小森会事務局はお世話はするが主役は各地区の代表世話人が責任をもって行っている。それが小森会を支えている一番の根本ではないかと思っている。今まで何代もの会長、代表世話人のかたがたにお世話になりながらここまで発展してきた小森会であり、さらに良い小森会にするために皆さんのご支援、ご協力をいただきながらがんばっていきたい」

 

201人が参加した

201人が参加した

 
事業計画については、小森会運営協議会で審査した地域ブロック会事業計画基本方針に基づき、地域ブロックごとに世話人会議を開き、代表世話人を始め、世話人の意見を聞いて事業内容の具体化を進めた。

 
地域ブロック会のテーマ、主要事業(講演会)はつぎのとおり(開催順)
▽中・四国小森会「“SHINKA”三昧」=6月8日松山全日空ホテル(松山市)、「新しいフットボールを作る挑戦とその成果(SHINKA)」FC今治/㈱今治.夢スポーツ・矢野将文取締役社長
▽小森みちのく会「SHINKA【新化】と【深化】-新しく変わる、深く掘り下げる-」=6月28日仙台国際ホテル(仙台市)、「楽に進化して深化する」曹洞宗青龍山祇陀寺・吉田大信住職
▽小森すずらん会「改革なくして“SHINKA”なし」=7月12日札幌パークホテル(札幌市)、「未定」トゥルージオ㈱・鶴直人代表取締役社長
▽中部小森会「それぞれの“SHINKA”」=9月5日ホテル日航金沢(金沢市)、「未来に向かってSHINKA(仮)」㈱ナレッジ・プラクティス・コンサルティング・宇井克己代表取締役社長
▽近畿小森会「SHINKAとそれぞれの革新(イノベーション)」=10月5日リーガロイヤルホテル(大阪市)、「未定」
▽東京関東甲信越静小森会(合同開催)「“SHINKA”21への挑戦」=10月18日ホテルイースト21(東京都江東区)、「未定」㈱MJI・永守知博代表取締役
▽九州小森会「“超”SHINKA」=11月8日ホテルオークラ福岡(福岡市)、「未定」
▽東西合同システム会=未定

 
29年度役員については、小森会会長の㈱金羊社・浅野健会長が小森会顧問に、小森会副会長の㈱小松印刷・小松義彦会長が小森会会長に就任した。

 
また、講演会では「スポーツの力~2020年に向けて~」を演題にスポーツジャーナリストで大阪芸術大学教養課程教授の増田明美氏による講演が行われた。

 

 

PAGE TOP