2017年05月02日

㈱小森コーポレーション(持田訓社長)は、4月4日午後7時から千葉県柏市の「ザ クレストホテル柏」で、「KOMORI陸上競技部納会」を、同社幹部・社員、後援会関係者、陸上競技部OBらを集めて開催し、監督、スタッフ、選手を慰労するとともに激励した。
 
29年度のチーム目標は、①全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)15位②東日本実業団対抗駅伝5位③十和田八幡平駅伝優勝--。

 
小森善治会長はあいさつの中でこう激励した。
 
「昨年は残念ながら故障者が多く、今年はぜひ昨年の雪辱を果たすよう陸上部の皆さんにはがんばってもらいたい。今年も経済界の環境は厳しい年ではあるが、それを打ち破るように陸上部はがんばっていただきたい。今年、社員の皆さんにも伝えたのだが、今年は褒めちぎっていく。陸上部の選手、監督以下、褒めちぎるので、ぜひ素直にとっていただきたい。今年は印刷業界の皆様に良くやったと言われるよう、良い成績を残していただきたい」
 

小森善治会長

小森善治会長


 
続いて持田社長が乾杯のあいさつに立ち「小森会長はニューイヤー駅伝15位と言ったが、私は8位を取ってもらいたい、いや取ってもらえると思っている。今年は皆さんと一緒に小森の力を結集して、8位目指してがんばりたい」と述べた。

 
平成28年度駅伝の結果は、十和田八幡平3位、東日本実業団対抗13位、ニューイヤー24位という成績になったが、本川一美監督は「今期の目標としては、ニューイヤー駅伝が最低でも15位、東日本実業団駅伝5位、十和田八幡平駅伝優勝としたが、あくまでニューイヤー駅伝8位となるための目標と捉えてもらいたい。非常に厳しい一年ではあったが、厳しいだけではなく、個人成績では良い報告も複数あった。この一年しっかりがんばっていくので、よろしくお願いしたい」と抱負を語った。

 
今年度の新入部員は、柴田拓真(平成国際大学出身)の1選手。

 

 

PAGE TOP