2017年05月12日

日本グラフィックサービス工業会(JaGra)教育・技術委員会(宮﨑真委員長)、ジャグラコンテスト推進部会(笹岡誠部会長)は、4月3日から、会員企業に所属するDTPオペレーターを対象とした技能競技会「ジャグラコンテスト」の参加者募集を開始した。

 
今年で第3回を迎えるコンテストの競技テーマは、第1~2回に続き「InDesign」。

 
第1次審査では、Adobe InDesignを中心としたDTPおよび印刷に関する知識を審査するための制作課題をインターネット経由で提出し、第1次審査で選出された優秀者10人による第2次審査を経て、トップオペレーターを決定する。
応募資格はジャグラ会員企業に所属するDTPオペレーター、ジャグラ会員の紹介を受けた会員外企業のDTPオペレーター。参加費はジャグラ会員7000円、ジャグラ会員外1万円。

 
募集期間は4月3日から6月13日まで。第1次審査用課題データ配布開始は6月19日13時。第1次審査課題提出締切は7月10日13時。第1次審査結果発表は9月下旬。第2次審査は10月14日の予定。総合結果発表は10月下旬。表彰式は11月10日のジャグラ全国協議会席上。

 
申し込みは特設サイトから。「ジャグラコンテスト第3回InDesign特設サイトhttp://jagra-contest.com/

 

 

PAGE TOP