2017年04月27日

DICグラフィックス㈱(本社・東京都中央区、谷上浩司社長)は、㈱朝日新聞社の完全子会社で新聞印刷を担う㈱朝日プリンテック(本社・東京都中央区、伊中義明社長)と開発した、新聞のカラー紙面の色品質を定量的に管理し、恒常的なカラー紙面の品質向上に寄与する新聞カラー紙面管理システム「C-Spectra」の販売を4月から開始した。

 

「C-Spectra」は、紙面に掲載したカラーパッチをiPadやiPhoneで撮影するだけで、ベタ濃度、ドットゲイン、トラッピングといったカラーマッチングに必要な印刷情報が取得できるシステム。

取得した印刷情報は端末のデータベースへ保存され、週・月・年単位でグラフ化されるので、端末画面上で遷移状況が容易に確認できる。

また、工場内/工場間の品質のバラつきを確認し、要因を解析するツールとしてこれを利用すると品質の平準化を図ることも可能となる。

 

現在、分光光度計やCCDカメラを利用したシステムにより運用されているが、カラーパッチを色ごとに測定してデータを取得すること、データを手動でグラフ化することが作業を煩雑化している。

一方「C-Spectra」は、iPadやiPhoneのカメラ機能を活用してカラーパッチを撮影し、撮影画像を専用アプリで解析することでデータを取得できる。

また、データが自動でグラフ化されるので、作業の簡便化が実現される。

 

「C-Spectra」の利用には、専用アプリ(無料)をインストールしたiPadまたはiPhoneと、DICグラフィックスが販売するC-Spectraツールキットが必要となる。

 

 

 

PAGE TOP