2017年04月19日

RICOH MH5421MF

RICOH MH5421MF

㈱リコー(本社・東京都中央区、山下良則社長)は、産業用インクジェットヘッド「RICOH MH5421F/5421MF」を新たに開発し、6月から受注を開始すると発表した。

 

この新製品は、同社独自のインク循環構造によりノズル近傍までインクを常時循環させることで、ノズルの乾燥やインク粒子の沈降などを防ぎ、高い吐出安定性を実現するモデル(対応するインクの粘度の違いにより2製品から選択可能)。

 

特徴としては、沈降性の高いインク(顔料インク・ホワイト/メタリックなど)を用いたシステムでの信頼性が向上するとともに、インクの乾燥を防げるので速乾性インクも使用可能。

また、液室内で発生した気泡を取り除き、不吐出からの自己回復性を実現。高画質と高生産性が両立され、シングルパス方式での信頼性も向上している。

 

ノズル数は千鳥配列で1280、解像度は600dpi。

対応インクは水性・溶剤・UVインクなどで、液滴吐出量は7/14/21ピコ㍑(インク種類による)。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP