2017年04月18日

Oce VarioPrint i300

Oce VarioPrint i300

キヤノンマーケティングジャパン㈱(本社・東京都港区、坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ㈱(本社・東京都港区、峯松憲二社長)は4月18日、オセ社製の枚葉インクジェットカラープリンターの新製品「Oce VarioPrint i300」を発表し、今年9月から販売開始することを明らかにした。

 

「Oce VarioPrint i300」は、独自の用紙搬送技術によりA4判を毎分300ページの速度で安定した高速出力を実現するモデル。

最大用紙サイズ488×320㍉、解像度600×600dpi(4階調による1200dpi相当)で、CMYKの4色+カラーグリップ(印字部にのみ事前にアンカー剤を打つ)の5つのインクジェットヘッドを持つ構成で、多様な用紙への高画質印刷を達成している。

 

給紙トレイで加湿をすることで用紙の波打ちを低減させるほか、印刷前に用紙の形状をセンサーで検査して、角に折れ曲がりがある用紙を排出することで印刷エラーを防ぐとともにインクジェットヘッドと紙が接触することも防ぐことができる。

さらに、ノズルの目詰まりを抑止する機構や、オペレーターのメンテナンス負荷を軽減するインクジェットヘッド自動清掃機構といった新機能を搭載し、ダウンタイム削減・実生産性向上が図られている。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP