2017年04月12日

Screen Meister MDS-360

Screen Meister MDS-360

三菱製紙㈱(本社・東京都墨田区、鈴木邦夫社長)は、シルクスクリーン印刷用のマスク(紗)が作成できるデジタルスクリーン製版機「Screen Meister MDS-360」を発売開始する。

 

「Screen Meister MDS-360」はPCからデータを直接製版するので、製版フィルム不要で低コスト、かつ高精細で高速製版ができ、Tシャツなどの布地プリントや銘板やノベルティグッズへの名入れなどの小ロット印刷に適している。

 

マスクを直接熱印字で製版するため製版フィルムを必要とせず、アナログ方式とは異なりマスクの製版時に露光・乾燥工程も必要としない。

また、最高解像度1200dpiの高精細な製版を実現するとともに、最大描画サイズ(360×620㍉)でも約1分という高速製版を両立し、トータル作業の効率化も図っている。

さらに、専用ソフトで誰でも簡単に操作ができる設計で、オプションでガーバー形式ファイルの直接出力も可能としている。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP