2017年04月13日

国立研究開発法人産業技術総合研究所と大日本印刷は、橋梁のひずみ分布をモニタリングできるセンサーシートを共同開発した。貼るだけで橋梁の劣化状態を把握できるフレキシブル面パターンセンサー。成果の詳細は4月12日、FLEX Japan 2017のMEMS and Sensor Sessionで報告された。

 

国立研究開発法人産業技術総合研究所(中鉢 良治理事長、産総研)集積マイクロシステム研究センター(廣島洋研究センター長)社会実装化センサシステム研究チーム 小林 健 研究チーム長、同センター ウエアラブルIoT研究チーム 山下崇博研究員は、大日本印刷(DNP)と共同で、橋梁のひずみ分布をモニタリングするセンサーシートを開発した。
 
近年、橋梁の劣化状態を把握するためにセンサーでひずみ分布をモニタリングする方法が検討されているが、光ファイバー式は敷設コストが高価であり、また、箔ひずみゲージでは消費電力が大きい、フレキシブル基板や接着材の屋外耐久性が低い、施工方法が煩雑、などの課題がある。
 
今回、MEMS技術により極薄化したシリコンセンサーや回路チップをフレキシブル基板上に集積化する技術を開発し、圧電MEMS技術で作製した極薄PZT/Siひずみセンサー(長さ5 mm、幅1 mm、厚さ3 μm)をフレキシブル基板上に配置して、保護フィルム、接着フィルムと一体化したフレキシブル面パターンセンサーを作製した。また、このフレキシブル面パターンセンサーを高速道路橋に複数枚貼り付けると、車両通過に伴う橋梁の動ひずみ分布をモニタリングできた。

 
 

PAGE TOP