2015年04月06日

コイシカワコロン

1~3階が保育園になる「コイシカワコロン」

㈱Rバンク(東京都渋谷区)は、事業主・所有者である㈱プロストホールディングス(プロストHD、東京都多摩市)から事業マネジメント契約を受託し、東京・小石川の築43年の旧本社ビルを用途変更によって複合施設「koishikawa:」(コイシカワコロン)として再生する事業コーディネートを実施した。印刷工場・事務所ビルを保育所・店舗・寄宿舎・共同住宅に用途変更することで、地元に根付く複合型施設として再生させた。工事完了に伴い、入居前の3月28日には合同内覧会を開いた。

 

コイシカワコロンは、プロストHDの本社機能移転の際に、再投資の適性を確認するために耐震診断を実施したところ、算出された構造耐震指標Is値が建築基準法が定める基準0・6を大幅に超える数値を示したため、通常よりも高い耐震強度が求められる保育園を誘致することが可能になった。

 

1-3階が認可保育園「にじのいるか保育園小石川」、4階が女性専用シェアハウス(8室)、5・6階が共同住宅となる。

1階テナント部分には小児科クリニックが入居の予定。

 

慢性化した地域問題である保育施設不足の改善の一助として期待される。

 

企業 印刷業界最新情報-関連の記事

PAGE TOP