2017年04月06日

共同印刷は4月1日、軟包装事業の戦略的拡大のため、生活・産業資材部門の主力工場である守谷第1工場(茨城県守谷市)の新棟建設に着手した。完成は2018年3月の予定。

 
同社は、昨年10月、守谷第1工場の敷地内に軟包装の専用工場(新棟)を建設し、中容量に最適なフレキシブルコンテナー「ハンディキューブ」をはじめとする製品を柱に軟包装分野の拡大を進める旨を発表した。

 
このほど着工した新棟では、FSSC22000の認証の取得を視野に入れた国内最新鋭の生産環境を構築し、顧客に安心・安全な包装材料を届ける体制を強化する。また、軟包装の製造工程のひとつであるエージングを自動ラック化して物流効率を向上させるほか、高断熱仕様の外壁やLED照明の採用などで省エネルギーを推進し、高効率で地球環境に配慮したエコファクトリーをめざす。

 
新棟は2018年3月に竣工し、4月から稼働開始の予定。

 
FSSC 22000は、食品安全マネジメントシステムのひとつ。国際規格であるISO 22000と、それを発展させたISO/TS 22002-1(またはISO/TS 22002-4)を統合し、国際食品安全イニシアチブ(GFSI)が制定した。

 
【守谷第1工場 新棟建設工事の概要】
工場名:共同印刷守谷第1工場
所在地:茨城県守谷市立沢1932
建設日程:2017年4月着工、18年3月完成予定
建物概要:鉄骨造3階建
増築面積:5300平方㍍(1601坪)※延床面積1万2556平方㍍(3798坪)
設計・施工:清水建設 なお、増築工事終了後の守谷第一工場の土地総面積は3万1386・52平方㍍、総床面積は28748・3平方㍍(約8696坪)。

 

 

PAGE TOP