2017年04月06日

PaperLab

PaperLab

セイコーエプソン㈱(本社・長野県諏訪市、碓井稔社長)は乾式オフィス製紙機「PaperLab」の開発で、「第46回日本産業技術大賞」において内閣総理大臣賞を受賞した。

 

「日本産業技術大賞」は、産業の健全な発展に貢献する自主技術の開発を促進するため、その年に実用化された革新的な大型産業設備・構造物や先端技術の開発、実用化で顕著な成果をあげた企業・グループを表彰するもの。

今回の受賞は、環境負荷低減という社会的課題を解決しながら、閲読性にすぐれる紙の良さをサステナブルに活かせる独創的な仕組みを作ったことが評価された。

 

受賞対象となった乾式オフィス製紙機「PaperLab」は、新開発のドライファイバーテクノロジー(乾式紙再生技術)を活用し、世界で初めて使用済みの紙を原料として、文書情報を完全に抹消した上で新しい紙を生産できる乾式オフィス製紙機。

平成28年12月に商品化し、今年3月末までにすでに5台納入されている。

 

同社の碓井社長は、「このような栄えある賞を頂き、大変光栄に思う。“PaperLab”により、循環型オフィスを実現することで社会に貢献するとともに、なくてはならない会社を目指してこれからも精進していく」とコメントしている。

 

 

 

 

PAGE TOP