2017年04月06日

エプソンは、大判インクジェットプリンター「SureColor」シリーズの新製品として、特色・広色域が求められる業務でのデザイン・プルーフ工程や高画質ポスター作成に適した、バイオレットインク搭載モデル「SC-P5050V」とライトグレーインク搭載モデル「SC-P5050G」の2モデルを4月17日から発売する。

 

この「SC-P5050」シリーズは、黒濃度を向上させた「UltraChrome HDXインク」を搭載したA2プラス対応モデル。

「SC-P5050V」は、高画質で高い色再現性が求められるコーポレートカラーなどのプルーフ用途や、特色・広色域が求められるパッケージデザイン用途に、「SC-P5050G」は、高画質が求められるポスターをはじめ、階調性を重視する写真用途にも適している。

 

 

SC-P5050V

SC-P5050V

「SC-P5050」シリーズの主な特徴は次のとおり。

 

▽色再現領域拡大とすぐれた保存性を実現する「UltraChrome HDXインク」は、フォトブラックインクの顔料粒子量を従来機比約1.5倍に増量したことで黒濃度が向上し、カラー印刷時にはより立体的な表現が実現できる。

▽「SC-P5050V」は、バイオレットインクの効果により青・紫方向への色再現領域を拡大。 国際的な標準指定色であるPANTONEカラーチャートにおいては、99%のカバー率を達成し、高度な色再現力を実現する。

「SC-P5050G」は、モノクロ印刷時にブラック・グレー・ライトグレーの3つのブラック系統のインクにより、暗部の細かい階調の変化を忠実に再現できる。

▽「SC-P5050V」のインク構成は、フォトブラック、マットブラック、グレー、シアン、ライトシアン、ビビッドマゼンタ、ビビッドライトマゼンタ、イエロー、グリーン、オレンジ、バイオレットの10色。「SC-P5050G」のインク構成は、バイオレットに代わってライトグレーが入った10色となる。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP