2017年03月30日

凸版印刷は、歴史的・文化的に価値が高い史資料のデジタル化から保管・管理、公開までをトータルで支援するデジタルアーカイブソリューションを展開している。

 

このほど、岩手県から委託を受け、同県が2017年3月30日(木)に公開したWebサイト「いわて震災津波アーカイブ~希望~」において、岩手県や県内市町村、関係機関から20万点を超える資料を収集し、デジタルアーカイブ化を行った。また、自治体などでの防災活動や、教育現場での防災・復興教育のほか、復興ツーリズム・震災学習などで利活用できるコンテンツを企画・制作した。
凸版印刷は今後も、東日本大震災から得られた経験・教訓を後世に残す震災アーカイブ事業を通じ、被災地の本格的な復興支援や地方創生に貢献していく。

 

 

image1ia

 

 

岩手県では、東日本大震災津波からの復旧・復興の状況を後世に残すとともに、これらの出来事から得た教訓を今後の国内外の防災活動、教育などに活かすため、市町村や防災関係機関の協力を得て、「いわて震災津波アーカイブ~希望~」を構築した。

URL=http://iwate-archive.pref.iwate.jp/

 

 

いわて震災津波アーカイブ~希望~」の特徴
・「6つのテーマ」について未来へ情報発信
東日本大震災津波に関する膨大な資料を6つのテーマに分類し、それぞれのテーマごとに伝えたい経験などについて発信している。また、テーマごとに時間軸を設けることで、応急対策など活動ごとの流れも分かるようにしている。
・コンテンツの充実
「ピックアップコンテンツ」では、教育、防災活動、復興ツーリズムをはじめとするそれぞれの活用シーンに合わせたコンテンツを閲覧できる。
「新聞記事BOX」では、応急対策期を中心とした岩手日報、東海新報、復興釜石新聞の記事を閲覧できる。  岩手日報社制作の「犠牲者の行動記録」を掲載し、発災時の避難行動をデジタルの地図上で分かりやすく再現している。

 

 

 

PAGE TOP