2017年02月28日

㈱石田大成社(本社・京都府京都市、阿部乙彦社長)とキヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ㈱(本社・東京都港区、峯松憲二社長)が、4月3日に合弁会社「コマーシャルプリンティングラボ㈱(栁沼博社長)」を設立すると発表した。

 

この新会社は、インクジェット方式業務用高速連帳プリンターを活用した印刷事業やコンテンツ制作事業などにより、印刷業界の新しい市場創出を目的としている。

石田大成社の持つオフセット印刷やコンテンツ制作のノウハウとキヤノンプロダクションプリンティングシステムズの持つデジタル印刷のノウハウを融合することで、オフセット印刷からデジタル印刷まで総合的な提案が可能になる。

また、会社をラボに見立て、印刷物の企画立案から加工・配送にいたるまでのデジタル印刷設備とワークフローを公開し、キヤノン製デジタル印刷機の導入を検討している会社が実際の印刷現場の一連の仕組みを体験できるようにもなっている。

 

コマーシャルプリンティングラボの概要は次のとおり。

▽設立=2017年4月3日

▽事業内容=コンテンツ制作、印刷事業

▽本社所在地=東京都港区港南2の13の29

▽資本金=1億円

▽株主=キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ:51%、石田大成社:49%

▽従業員数=84人(予定)

 

 

PAGE TOP