2017年02月27日

ミニショーが開催された大阪支店

ミニショーが開催された大阪支店

連日印刷業者らが訪れた

連日印刷業者らが訪れた

㈱光文堂(本社・名古屋市中区、讃岐秀昭社長)は2月15・16の両日、大阪支店2階ショールームでミニショー「KOBUNDOセレクションin0SAKA」を開催した。連日印刷業者らが訪れた。

 

竹田修専務

竹田修専務

15日午後3時から併設セミナーが行われた。開催に先立ち竹田修専務は「1985年に、大阪・中央区の瓦町に初めて営業所を作り、そこから谷町6丁目に移転した。そのあと弊社のグループが集まっている八尾で間借りしていたが、もう少し都心に近いほうが良いということで、いろいろ場所を探した。その結果、この長田あたりが一番印刷業者も多く、都心にも近いということで何年か前からここに決めていた。昨年11月に引き渡しがあった。お客さんも今まで以上に、使いやすくなると思う」とあいさつ。

 
セミナーでは、印刷業界のインダストリー4・0「IoT&テクノロジーは何を変革するのか」をテーマに、㈱アイ・ユー・ケイ営業本部営業推進部の飯塚浩一部長が講演した。

 
またミニショーでは、「KBDエアーディスプレイ」「KBDパーティフォトクラブ」など、サイネージ系の商品はじめ、オンデマンド対応の卓上スジ押し/ミシン機「KBDクリストリームミニ」、またカラーステーションシリーズの「KBDV―Color 」「KBDインキディスペンサー」「KBDスピンミキサー」などに注目が集まっていた。

 

 

タグ:

PAGE TOP