2017年02月16日

drupa2020の開催が当初発表より1週間早くなり、2020年6月16日(火)から26日(金)まで開かれることになった。2月15日のdrupa委員会とメッセ・デュッセルドルフとの会議で合意した。

 
当初予定の6月23日から7月3日までの日程では、ドイツだけでなく、ヨーロッパのいくつかの国で夏休みが始まっていることが議題になった。会期変更によって出展社と来場者双方の要求に応えることになる。

 
メッセ・デュッセルドルフのドーン・シャイト社長兼CEOは、「われわれがdrupa2016の会期中に4年ごとの開催間隔を決めた時には、まだ休日の大半は発表されていなかった」と述べている。

 

 

タグ:

PAGE TOP