2017年02月14日

RISAPRESS Color 720

RISAPRESS Color 720

㈱モリサワ(森澤彰彦社長)は、RISAPRESSシリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color720/720P/620」の販売を開始した。

 
「RISAPRESS Color710/710P/610」シリーズの後継機種。オフセット印刷の品質に迫る高画質・高精度な仕上がりはそのままに、用紙対応力の強化、長尺・封筒印刷のハイボリューム対応などの新たな機能が加わった。用紙の特性を活かした多様なデザインや、付加価値の高い印刷が可能になり、多様化するプリントビジネスに柔軟に対応できる。

 
特徴は次のとおり。
①厚紙対応力強化=最大対応坪量350㌘/平方㍍まで両面印刷にも対応し、パッケージや販促マテリアルの作成など印刷サービスのバリエーションを増やした。
②ドキュメント品質を向上させる高い見当精度=スキュー調整機能を追加。回転とスキューの補正値を入力することで、画像処理での高精度な表裏見当合わせを実現。名刺やショップカード、チケットなど、高い表裏見当精度が求められる印刷物に対しても容易に調整できる。
③長尺・封筒印刷でのハイボリューム対応=ブックカバーやA4仕上げの三つ折りパンフレットなどの長尺印刷紙(最大750㍉)を、最大1000枚連続印刷できる長尺印刷対応大容量給紙ユニットを新たにオプションで用意、ハイボリュームの長尺印刷に対応した。また封筒印刷対応大容量給紙ユニット、封筒印刷専用定着ユニットを装着することにより、封筒印刷の生産性を大幅に高める。
④高速スキャン・システム連携による企業内印刷での利便性拡大=独自の高速カラースキャン技術を採用した自動両面原稿送り装置により、両面原稿のスキャンスピードは毎分240㌻という従来機種比3倍以上の高速スキャンを実現。積載量も最大300枚を確保し、スピーディなデータ化を実現。オフィス用複合機と同様にネットワークを通じた制御やリソースにアクセスすることができ、企業内印刷の利便性を高める。

 
販売価格(税別)は、720標準システムで1497万円、720P標準システムで1434万円、620標準システムで974万円。

 

 

 

 

 

 

タグ:

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP