2017年02月02日

PrecisionCoreラインヘッド

PrecisionCoreラインヘッド

セイコーエプソン㈱(本社・長野県諏訪市、碓井稔社長)は、独自のコア技術「マイクロピエゾ技術」をベースとした独創のコアデバイスPrecisionCoreプリントヘッドの発展形として、高速PrecisionCoreラインヘッドを開発した。

 

新開発のPrecisionCoreラインヘッドは毎分100枚(A4横片面)の高速印刷を実現するために、PrecisionCoreプリントヘッドをさらに進化させ、高密度化と小型化を追求した。

専用のPrecisionCoreマイクロTFPプリントチップを新開発し、従来品よりチップのノズル列を長く、ノズル間隔を狭くし(1.53インチ、333dpi)、1チップあたりの多ノズル化、高密度化を図り、600×1200dpiの高解像度を実現している。

幅約43㍉のヘッドに、プリントチップを36枚斜めに配列させることにより、有効ノズル数約3万3500を配する独創の小型ラインヘッドとなっている。

速乾性にすぐれ、高発色かつ普通紙高画質という、スピードと画質を高次元で実現するインク技術や、ドット抜けの際にノズル詰りを検知する「ノズル自己診断システム」と、画質を調整する技術も採用している。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP