2017年01月24日

合同表彰式のようす

合同表彰式のもよう

展示会は、1月14日から1月18日までゲートシティ大崎で行われた

展示会(東京会場)は1月14日から18日までゲートシティ大崎で行われた

第68回全国カレンダー展の入賞作品は、平成28年12月6・7の両日、東京・千代田区の科学技術館で行われた審査会で決定した。応募点数は604点(前年625点)で、入賞点数は69点(前年66点)である。

 
審査会は、経済産業省など後援団体、浅葉克己氏を含むクリエイティブ関係8人に加え、日本アドバタイザーズ協会・全国消費者団体連絡会および日印産連広報委員会の岩岡正哲委員長と実行委員11人の計27人の審査員により行われた。

 
後援団体は経済産業省/文部科学省/独立法人 国立印刷局/日本商工会議所/日本製紙連合会/公益社団法人日本マーケティング協会/全国中小企業団体中央会。

 
大臣賞の入賞作品は次のとおり。
【第1部門】
経済産業大臣賞(作品名=THE BEAUTY OF COLOR、発行者=三菱電機㈱)
文部科学大臣賞=(作品名=Monochrome 2017 Calendar、発行者=㈱NTTPCコミュニケーションズ)
【第2部門】
経済産業大臣賞(作品名=クロード・モネの生涯と筆跡カレンダー、発行者=ミサワホーム㈱)
文部科学大臣賞(作品=カレンダー2017、発行者=㈱虎屋)
【第3部門】
経済産業大臣賞(作品名=紙漉きを想ふ ひととせ、発行者=グレイスカイプロジェクト)
文部科学大臣賞(作品名=文化財保存修復支援カレンダー、発行者=公益財団法人文化財保護・芸術研究助成財団)

 

 

PAGE TOP