2017年01月24日

大日本印刷(DNP)は、AI(Artificial Intelligence:人工知能)の活用によって、人と様々な情報デバイス(ロボット、チャットボット(パソコンやスマートフォンのスクリーン上にキャラクターが表示され、チャット形式で自動で応答する)、デジタルサイネージなど)との円滑なコミュニケーションを支援する「知能コミュニケーションプラットフォーム」の構築を進めている。今回、その実証実験を、船橋駅前のインフォメーションセンター(船橋インフォメーションセンター)で1月24日に開始する。

 

 

DNPは、接客・案内などの業務をサポートし、生活者とのコミュニケーションを活性化するソリューションを提供することで、顧客のさらなる業務効率化や新たなビジネスチャンスの創出を支援する。

 

 
日本では少子高齢化により労働人口が減少し、労働生産性が低下するなか、AIの活用による業務革新やイノベーションの創出が期待されている。このニーズに対してDNPは、人と身の回りの様々な情報デバイスとの円滑なコミュニケーションを支援する「知能コミュニケーションプラットフォーム」の開発を2014年11月に開始した。
本プラットフォームは、音声認識機能のほか、発想や対話など、コミュニケーションに必要な知能処理機能を提供。対話を重ねることで生活者の属性や反応(発話、行動)などの情報を様々なデバイスで蓄積し、意図を分析して、生活者に最適な情報を発信する。これらの機能によって、人と様々な情報デバイスとの間で、自然で気の利いた対話の実現を目指す。

 
今回、DNPと資本・業務提携関係にある地域情報プラットフォームの運営などを行う株式会社フューチャーリンクネットワークが運営する船橋インフォメーションセンターに、「知能コミュニケーションプラットフォーム」を搭載したロボットを設置し、実証実験を行う。来訪者とロボットがコミュニケーションを取りながら、最適な地域の情報を発信していくことで、来訪者に地域の魅力を伝えていく。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP