2017年01月17日

岡社長

岡社長

㈱日本HP(本社・東京都江東区、岡隆史社長)は1月13日、同社本社で報道関係者向けの事業説明会を開催した。

 

会の冒頭、あいさつに立った同社の岡社長は、「一昨年に、PC・プリンター事業とエンタープライズ事業とで分社化し、当社はPC・プリンター事業を担当する会社として独立し、同時に会社のブランドコピーも“Keep Reinventing(革新のその先へ)”に変えた。これは、新しいテクノロジーによって人々の生活をより良いものにしていくという姿勢を表している。当社はPCやプリンターという目に見えて手に触れられる物・製品を提供する会社なので、それが魅力的なものでなければ事業として成立しない。だからこそ、人々の生活をより良くする新しいテクノロジーを追求した製品を作り続けていく」と述べた。

 

続けて、同社のデジタルプレスビジネスの事業展開について触れ、印刷産業の中で進む多品種少量生産やバリアブル化といった流れの中でデジタル印刷の重要度が大きくなっていることから、同社ではこの分野を成長分野と位置付けて注力し、大きな投資をして開発をしていく方針を明らかにした。

それとともに、普及が急速に広がっている高速3Dプリンターについても注力し、プロトタイプ製作用途ではなく本製品を製造するための生産機として市場に提案するとともに、自社製品の部品もできる限り3Dプリンターで製作することで、リペアパーツのオンデマンド化を推進すると語った。

 

 

PAGE TOP