2017年01月17日

金子眞吾社長

金子眞吾社長

本年の経営スローガンは、「可能性をデザインする 未来の価値を見いだし、企画・設計して、実現していく」としました。

 
先般策定したトッパングループ事業領域のコンセプトを、社員の皆さんが十分に理解し、一人ひとりが目指す姿に向けて行動を起こしてほしい、という想いを込めました。可能性とは「未来の価値」のことであり、デザインとは広い意味での企画・設計を表しています。つまり、「可能性をデザインする」とは、自ら未来の価値を見いだし、企画・設計して実現していく、という意味です。そして、「情報」と「くらし」をデザインする、社会的価値創造企業になる、ということです。

 
従来、トッパングループは情報を通じて企業と生活者をつなぐビジネスを中心に発展してきましたが、既存のビジネスモデルのまま事業を進めていくだけでは、劇的に変化するマーケットのスピードについていくことはできません。変革こそが未来への道を拓くのです。

 
先行き不透明感が増しているからこそ、一人ひとりが、お客さま、マーケット、技術などの変化に対する感度をより一層高め、その変化を先取りして行動に移していくことが重要です。一人ひとりが熱い情熱を持ち、それぞれが得た情報や知見、経験を伝え合い、議論できるようになれば、例え外部環境がどのように変化しても、会社として必ず柔軟に対応することができると思います。一人ひとりの力を合わせれば、何事も恐れることはありません。ともに、未知への挑戦の第一歩を踏み出していきましょう。

 

 

 

 

タグ:

PAGE TOP