2017年01月13日

ImageStream2400

ImageStream2400

キヤノングループでは大型商業印刷機の展示施設として、東京・大田のキヤノン㈱本社に「Customer Experience Center TOKYO(=以下、CEC TOKYO)」を今年4月に開設する。

この「CEC TOKYO」は、単に機器だけを設置したショールームとは一線を画し、Experience(=実体験)をコンセプトに、データや用紙を持ちこんで日々の仕事と同様の条件による検証・体験をすることで導入の検討ができるほか、プリプレス・ポストプレス機器も設置してデジタル印刷ワークフロー全体の効率化策の提案、オペレーターのトレーニング、ビジネスモデルやアプリケーションの個別開発といった機能も有する。

本格開設に先立って1月12日に、報道陣向けの見学会を開催し、その詳細について説明した。

 

imagePRESS C10000VP

imagePRESS C10000VP

キヤノングループの長期経営構想では新しい成長分野として4つの事業に注力することを掲げており、プロダクションプリンター事業はその1つに位置付けている。

CEC TOKYOはそれを具現化する中核施設として開設され、ここではデータプリントはもとより、これからデジタル印刷の伸長が見込まれている商業印刷、パッケージ・段ボール印刷、サイン分野についても、さまざまな機械やソリューションを紹介していく。

 

ここでは、輪転式両面フルカラーインクジェット印刷機「ImageStream2400」をはじめ、輪転式両面6色インクジェット印刷機「ColorStream6000Chroma」、枚葉式フルカラーインクジェット印刷機「VarioPrint i300」、電子写真方式のフルカラープロダクションプリンター「imagePRESS C10000VP」、データプリント用の各種デジタル印刷機などが常設されるほか、ワークフロー製品や印刷品質検査装置などの周辺機器、そして小ロット印刷やバリアブル印刷にも対応するのでデジタル印刷機の後加工システムとして高い適性を持つホリゾン製のデジタル印刷向け書籍製本ライン「Smart Binding System」も設置される。

Smart Binding System

Smart Binding System

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP