2017年01月06日

小谷達雄会長

小谷達雄会長

新年あけましておめでとうございます。旧年中の皆様方の多大なご支援、ご協力に感謝するとともに、ひと言ご挨拶申し上げます。

 
昨年は、世界中から注目されたイギリスのEU離脱国民投票、アメリカの大統領選挙が大方の事前予想を覆す結果となったこともあり、世界経済の大きな変化が予想されます。国内経済においては、全体としては景気の緩やかな回復基調が続いているものの、個人消費の足踏み、為替変動リスクなど、先行きが見通しにくい状況にあります。また、昨年は熊本地震や大型台風の相次ぐ上陸により甚大な被害がもたらされ、自然災害の恐ろしさを思い知らされるとともに、災害時における事業継続への備えの重要性についても考えさせられました。

 
日本が抱える課題である少子高齢化により、今後、人口減少が加速度的に進むことが予測されています。労働人口の減少により国内需要の縮小が進むと、日本経済は低成長からの脱却がますます困難になります。このような構造上の課題を解消し、経済を持続的に成長させるには、規制緩和の推進および技術革新により労働生産性を向上させることが求められております。

 
印刷業界においても、最新ITの活用などによる「生産性の向上」と、独自の強みを生かした「新しい分野への挑戦」を継続して推進することにより、新しい成長に結びつけて、「労働生産性の向上」を実現しなければなりません。その上、印刷業界を取り巻く環境変化のスピードは一層早くなることが予測されます。今まで以上にスピード感を持って取り組んでいかなければなりません。

 
本年も日本フォーム印刷工業連合会の活動を通じて、印刷業界の発展に繋がるよう推進してまいる所存です。引き続き皆様のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 
今年の干支は「酉」です。「とり」は“とりこむ”と言われ、商売などには縁起が良いと言われております。皆様にとって、2017年が素晴らしい一年となりますよう祈念して、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

※「日本印刷新聞」【新春メッセージ】から

 

 

PAGE TOP