2015年03月30日

スピードマスターXL75-4 アニカラー

「スピードマスターXL75-4 アニカラー」

ハイデルベルグ・ジャパン㈱は3月27日、「re-innovation:digital offset day ~XL75アニカラーが印刷の未来を変える~」と題した工場見学会を開催した。

 

今回の会では、菊半裁寸延び印刷機「スピードマスターXL75」に、アニロックスローラーを使ったキーレスインキングシステム「アニカラー」を搭載したモデルの国内初号機を昨年12月に導入した㈱マツモト(本社・福岡県北九州市、松本敬三郎社長)の猿喰工場を見学。「スピードマスターXL75-4アニカラー」の素早いインキ反応により、極小ロットのカラー印刷4ジョブをわずか15分弱で行うパフォーマンスを披露し、オフセット印刷における極小ロット印刷の新しい形を示した。

 

「アニカラー」は、刷り出し損紙やジョブ替え時間の大幅削減、安定したリピート再現性が図れ、その結果、生産性を飛躍的に向上させられるシステム。インキ供給元となるインキチャンバーと、アニロックスローラー・インキ着けローラー・版胴・ブランケット胴から成り、インキはこの順に正確かつ均一に転移され、紙に転写される。いったんインキ着けローラーへ転移したものの絵柄面積が小さいために使われなかったインキは、そのつどインキチャンバーへと戻されるのでゴーストの発生を排除することができる。

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP