2016年12月27日

リョービMHIグラフィックテクノロジー㈱(本社・広島県府中市、一政譲社長)は2月14・15日の両日、同社東京ショールームで「2017新春ショー」を開催することを発表した。

このショーでは、IoTを活用したビジネスモデル、即乾印刷のビジネスモデルについて、B1サイズからA3縦通し機までの最新鋭オフセット印刷機の実演のほか、各種セミナーや印刷サンプル展示コーナーを設け、ユーザーにとって役に立つ情報を発信する。

 

940ST-4 LED-UV

940ST-4 LED-UV

【主な出展機種】

▽菊全寸延び判4色印刷機「1050ST-4」

▽A全判4色印刷機「940ST-4 LED-UV」

▽菊四裁寸延び2色印刷機「520GE-2」

▽A3判縦通し印刷機「340PCX-2」

▽印刷機稼働管理システム「Print Job Manager」

▽その他、各種CTP、品質検査装置、PDF照合装置、湿し水ろ過装置、筋押し加工機、フィルムラミネーター、LED-UV乾燥装置、LED-UV関連諸材料、マシンオイルなど

 

【セミナープログラム】 ※要予約申込

▽2月14・15日 午前11時から11時半まで「FUJIFILM SUPERIA 明日の利益を生み出すUV印刷や無処理化による究極の環境印刷」

▽2月14日 午後1時15分から2時15分まで「印刷会社における利益を生むCSR」

▽2月15日 午後1時15分から2時15分まで「印刷ものづくりを変えるIoTの可能性」

▽2月14・15日 午後3時15分から3時45分まで「進化する高感度UVインキ“ダイキュアHRシリーズ”」

 

【開催概要】

▽日時=2月14・15日 午前10時から午後5時

▽会場=同社東京ショールーム(東京都北区豊島5の2の8)

▽問合先=03-3927-1031

 

 

イベント 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP