2015年03月30日

大日本印刷㈱(DNP)は、経済産業省が主催する2014年度「ダイバーシティ経営企業100選」に選出された。同賞は、「ダイバーシティ経営」に優れている企業を表彰する制度で、今回、DNPの女性活躍支援策や、時間資源を有効活用して仕事の付加価値を高める「働き方の変革」などの取り組みが評価された。

DNPは、2000年代初めから女性社員の離職を防ぐために、女性活躍支援の研修や制度の充実を図り、その結果、男性よりも高かった女性の離職率が、2008年には男性と同程度となった。

2010年以降は、女性がさらに活躍できる環境づくりを目指して、仕事と育児の両立支援セミナーを開催し、夫婦での参加を呼びかけているほか、短時間勤務制度利用者のキャリア構築を支援する研修や評価制度の充実に取り組んでいる。

 

その成果として、女性技術者のアイデアを生かした調理・飲食しやすい食品パッケージの開発や、環境に配慮した素材を活用したパッケージの製品化などの事例が、「ダイバーシティ経営企業100選」の「ベストプラクティス」で紹介されている。

企業-関連の記事

PAGE TOP