2016年12月14日

㈱千修(本社・東京都千代田区、下谷友康社長)の千修吹奏楽団主催による第30回千修吹奏楽チャリティコンサートが、来年1月28日、東京・文京区の文京シビックホールで開かれる。後援は文京区、読売光と愛の事業団、東京都吹奏楽連盟。

 
千修吹奏楽団は“目の不自由な人に光を”の趣旨のもとに、視覚障害者の人たちをコンサートに招待し、その純益金を視覚障害者施設に寄付してきた。
吹奏楽団は1959年6月、「音楽による地域社会への貢献」を目的に、千修の社員により発足。現在57年目を迎えた本格的な職場の吹奏楽団。1966年から毎年コンサートを開き、1980年からは2年に1度開催し、今回で30回目を迎えた。

 
社内の単なるクラブ活動の域を超えて、吹奏楽・クラシックの演奏のみならず、ポップスやジャズなどさまざまなジャンルに幅広く取り組み、また日本で唯一「バグパイプ」を取り入れている吹奏楽団として知られている。常任指揮者は井上学氏。

 
今回のスペシャルゲストは、ジャズシンガーの綾戸智恵さん。

 

 

タグ:

PAGE TOP