2016年12月07日

誠伸商事㈱は11月21日から、Officeデータ変換システム「PDF CHANGE SERVER」の販売を開始した。PDF CHANGE SERVERは、Microsoft社のWordやExcel、PowerPointなどで作成されたデータをプリフライトし、レイアウト崩れや文字化けがなく、簡単にPDFに変換できるシステム。

 
印刷会社においてOfficeデータ入稿の際、バージョンの差異やレイアウト崩れや文字化けチェック、罫線や地模様の再現、データ変換作業の時間・コストなどの面で、問題が起きることがある。

 
同システムを従来の社内ワークフローに導入することによって、これらの「困りごと」を解決することができる。

 
Officeデータのバージョンにかかわりなく、そのまま入稿するだけで、Windows版Word、Excel、PowerPointの2003以降2013まで対応。またデータ作成バージョン、ドキュメントサイズ、使用フォントと未対応フォントなど、入稿と同時にシステム側で自動チェックを行ったあと、印刷用PDFに変換できる。
さらに入稿・校正・エラーチェックはブラウザを通じて、DTPオペレータ、営業それぞれのPCからの作業が可能。営業担当者によるPDF確認・プリンター出力から、DTPオペレータによるRIP~面付け~CTP~印刷と、ストレスなく既存ワークフローへの導入が可能。

 
〈PDF CHANGESERVERの機能〉
機能Ⅰ ユーザー登録=「ユーザー登録画面」から複数のユーザーを登録できる。「管理者」「ユーザー」2通りの権限で登録できる。
機能Ⅱ 基本情報入力=「入稿日」「処理番号」「品名」「サイズ」「品番」「受注番号」「備考」が入力できる。
機能Ⅲ 変換結果の確認=「入稿一覧」、詳細からエラー内容確認、元データのダウンロードが可能。
〈クライアント動作環境〉
Internet Exploler8~、Firefox17~、Google Chrome、Safari5
〈システム構成〉
WindowsServer 2012R2、Windows10Professinal64bt、SQL Express、Office2013Standard、DocuWorks、PDF ChangeServerソフトウェア、サーバーマシン1台
〈価格(税別)〉
システム価格240万円(DELL PowerEdge T430 2S3含む)

 

 

タグ:

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP