2016年12月06日

RICOH Pro8220S

RICOH Pro8220S

㈱リコー(本社・東京都中央区、三浦善司社長)は、プロダクションモノクロプリンターの新製品として「RICOH Pro8200シリーズ」の5機種を平成29年1月11日から発売する。

 

「RICOH Pro8200シリーズ」は「RICOH Pro8100シリーズ」の後継機として発売するもの。

連続印刷速度は毎分136枚(A4横)と、前身機を上回る高い生産性を実現している。

また、カラープロダクションプリンターで採用しているVCSEL技術を搭載し、1200×4800dpiの書き込み解像度を実現し、高画質を求めるプロニーズにも応えることができる。

さらに、用紙対応力にもすぐれ、薄紙(40㌘/平方㍍)から厚紙(300㌘/平方㍍)をはじめ、新たに最大330.2×700㍉の長尺用紙にも対応し、マニュアルやポスター、カレンダー、ブックカバーなどのさまざまなアプリケーションの制作が可能となった。

 

「RICOH Pro8200シリーズ」の主な特徴は次のとおり。

▽印刷速度は、「RICOH Pro8220S」で毎分136枚、「RICOH Pro8210S」で毎分111枚、「RICOH Pro8200S」で毎分96枚(いずれもA4横)となっている。

▽スキュー(用紙の斜め搬送)検知とレジスト(搬送補正)を別々に制御する「ロータリーゲート」機構を搭載。高速印刷時でも用紙搬送を適切に制御し、すぐれたレジスト精度を実現する。

▽濃度を定期的にチェックし機器の電子制御とトナー補給制御を行うプロセスコントロールにより、大量出力時でも生産性を落とすことなく均一な濃度を保った高品質な印刷が可能。

▽紙詰まり処理時に触れる引き出しレバーやノブに、新たにLEDを搭載。処理が必要な箇所を点灯することで、操作性の向上に加え、詰まった紙の取り忘れも防止し、ダウンタイムを低減する。

▽新たに「生産性優先モード」を搭載。1つの印刷ジョブで紙厚の異なる用紙が混在する場合、従来は厚さに応じた定着温度を設定するため印刷速度が変化していたが、新モードにより定着温度を最適にコントロールし、高い生産性を維持する。

▽紙厚は、片面印刷時は40~300㌘/平方㍍、両面印刷時は52.3~256㌘/平方㍍に対応。

▽ベルト定着機構の採用により、コート紙、封筒、薄紙などさまざまな用紙種類に対応する。

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP