2016年11月30日

エプソンは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産できる小型の乾式オフィス製紙機「PaperLab A-8000」を商品化し、12月から販売開始することを発表した。

11月30日にエプソン販売㈱(本社・東京都新宿区、佐伯直幸社長)の本社会議室で記者会見を開催し、その詳細について説明した。

 

佐伯社長

佐伯社長

会見の冒頭、あいさつに立ったエプソン販売の佐伯社長は「そもそもこれまでは、紙を再生するためには大量の水を使い、大規模な“設備”によって行われていた。それが、水を使わず、しかもオフィス内に設置できる小さな“装置”で実現できるようにしたのがこの“PaperLab A-8000”となる。これにより、ビジネスインクジェットプリンターなどと組み合わせて使うことで、循環型のオフィスが実現でき、環境負荷について気兼ねすることなくプリンターから印刷することができる。我々は紙の未来を変えていきたい。この製品はそれに基づいた提案となる」と述べた。

 

「PaperLab A-8000」は、▽使用済みの紙を原料として、▽再生工程で水を使わず、▽文書情報を完全に抹消して--新しい紙を生産できる世界初の製紙機。

使用済みの紙を投入して再生開始ボタンを押すと、約3分で1枚目の新しい紙ができあがる。

生産速度はA4用紙で毎時約720枚。

PaperLab A-8000

PaperLab A-8000

原料として使用できる紙はA4/A3の一般コピー用紙で、そこから紙厚の異なるA4/A3のオフィス用紙や名刺用紙、色紙(C・M・Yおよびこれらを調合した色)や香り付きの紙などを生産できる。

紙を再生する工程で水を使わない「ドライファイバーテクノロジー」を採用しており、また、紙を再生するにあたって紙繊維にまで分解するので、機密文書・情報であっても完全に抹消することができる。

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP