2016年11月30日

img_1037コニカミノルタジャパン㈱は、今年5月に立ち上げた商業・産業印刷業界向け新ブランド「Accurio(アキュリオ)」を製品名に採用したトナー方式機、デジタル印刷システム「AccurioPress C2070/C2070P/C2060」を12月5日から発売する。

 

同システムは、従来のライトプロダクションプリント領域でのユーザーに加え、用紙対応力を強化し使用用途を広げ、長尺印刷、厚紙・特殊紙印刷、封筒印刷など、多様な印刷ニーズに対応し、ビジネスチャンスの拡大を目指すことをサポートするもの。
具体的には、従来の最長1200ミリの印刷に加え、750ミリ長尺紙大量給紙、350グラム/平方メートル厚紙への対応。

角1・角0封筒まで従来機の2倍に高速印刷対応でオプション機能を付加させると長4封筒の印刷も可能になる。また、センター貼り封筒にも対応できる。

さらに同機は両面印刷においても表裏別縦横位置、倍率補正、回転とスキュー補正機能を強化し、表裏見当調整の精度を向上させた。

 

同社はこれら新機能を付加した同機とデジタル箔押し機などの組み合わせにより、新たな付加価値提案をクライアントに提示し、より高付加価値な商品を生み出せる、生産性の高いワークフロー構築の提案を印刷会社に対し行っていく。

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP