2016年11月29日

藤原社長(左)とマンスフィールド氏

藤原社長(左)とマンスフィールド氏

コダック(同)(本社・東京都品川区、藤原浩社長)は11月29日、米国・イーストマン・コダック社のインクジェットプリンティングソリューションでワールドワイドセールス&マーケティングディレクターを務めるウィル・マンスフィールド氏が来日したことを機に、同社会議室で記者懇談会を開催した。

この会の中では、フルカラーインクジェット輪転印刷機「Kodak Prosper6000プレス」シリーズにおいて、パッケージ印刷などにも対応する片面印刷機の新モデル「Kodak Prosper6000Sプレス」を開発したことが発表された。

 

会の冒頭、あいさつに立った同社の藤原社長は「今年はdrupa2016が開催され、我々もインクジェット技術についてデモンストレーションしたり、次世代技術を実機で披露した。今回、それをさらに進化させたものを発表する。どの印刷技術においても、パッケージ印刷分野は伸び代が大きいとみられ、注目されている。この新しい技術・製品もその分野に向けたインパクトのあるものなのでとても期待している」と述べた。

 

続いて行われたマンスフィールド氏の講演では、新モデル「Kodak Prosper6000Sプレス」について説明が行われた。

「Kodak Prosper6000Sプレス」は、「Kodak Prosper6000Cプレス」をベースにして開発されたもので、▽スタンドアロン、▽ハイブリッド--の2つの形態で提供される、水性4色インクによる連続紙タイプの片面印刷機。

コンティニュアス方式によるインク吐出、それによる低いインクコストや紙面で早くインクが乾くことによる高い印字面積率の印刷物への対応、最高毎分300㍍の高速性、用紙幅647㍉といった「Kodak Prosper6000プレス」シリーズの特徴はそのまま引き継がれている。

 

スタンドアロンタイプは、ロール給紙から印字をし、必要に応じた加工などをして、ロール紙またはシートカットとなった印刷物を作る形態。

一方のハイブリッドタイプは、オフ輪やフレキソ印刷機といったほかの印刷方式の輪転印刷機の一部として組み合わせる形態。

アンワインダーやリワインダーなどはなく、ほかの印刷機の用紙走行部に設置し、アナログ印刷されたものに620㍉幅のラインヘッドで4色印字による追い刷りができるものとなる。

 

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP